コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大井帯刀 おおい たてわき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大井帯刀 おおい-たてわき

1771-? 江戸時代後期の武士。
明和8年生まれ。幕臣。文政12年(1829)飛騨(ひだ)郡代となり,越前(えちぜん)(福井県)の幕府領約5万石も支配。天保(てんぽう)の飢饉(ききん)の際,丹生郡(にうぐん)本保(ほんぽ)陣屋に在陣して,領民の救済にあたった。帯刀を顕彰して報恩碑がたてられ,現在も毎年大井祭がおこなわれている。名は永昌。号は霞松。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大井帯刀の関連キーワードお蔭参り山岡浚明シュレーダー新聞キャベンディッシュ杉田玄白土御門泰邦平賀源内自伝自伝文学

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android