コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大休宗休 だいきゅう そうきゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大休宗休 だいきゅう-そうきゅう

1468-1549 室町-戦国時代の僧。
応仁(おうにん)2年生まれ。臨済(りんざい)宗。京都東福寺で出家し,のち竜安寺の特芳禅傑(どくほう-ぜんけつ)の法をつぐ。特芳没後竜安寺,妙心寺住持となり,また今川義元帰依(きえ)をうけて駿河(するが)(静岡県)臨済寺をひらいた。天文(てんぶん)18年8月24日死去。82歳。諡号(しごう)は円満本光国師。著作に「見桃録」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大休宗休の関連キーワード霊雲院庭園戦国時代亀年禅愉太原崇孚村田宗珠応仁室町

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android