コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大伴三依 おおともの みより

1件 の用語解説(大伴三依の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大伴三依 おおともの-みより

?-774 奈良時代の官吏。
大伴御行(みゆき)の子。三河守,仁部(民部)少輔,遠江(とおとうみの)守,義部(刑部)大輔,出雲(いずもの)守などを歴任,宝亀(ほうき)元年従四位下にすすむ。「万葉集」に短歌4首がある。宝亀5年5月25日死去。名は御依ともかく。
【格言など】わが君はわけをば死ねと思へかも逢ふ夜逢はぬ夜二つ走(ゆ)くらむ(「万葉集」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大伴三依の関連キーワード大伴大伴大納言安努広島大伴清縄大伴黒麻呂大伴千室大伴村上門部石足津秋主舟麻呂

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone