国中連公麻呂(読み)くになかのむらじきみまろ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国中連公麻呂
くになかのむらじきみまろ

[生]?
[没]宝亀5 (774).10.3.
奈良時代仏師東大寺大仏の制作に従事した大仏師として知られる。百済渡来人,国骨富(くにのこつふ)の孫。大和国葛下郡国中村に住んでいたので国中連のを名のる。東大寺大仏の制作に大鋳師従五位下の高市傎国(たけちのまくに,たけちのさねくに)とともに従事し,天平宝字5(761)年には造東大寺司次官(→造寺司)。神護景雲1(767)年に従四位下に昇任。同 2年には但馬員外介に任じられた。奈良時代の最高の仏師とされるが,官吏の地位にあったので,仏師としてよりも行政官としての手腕が優れていたとの説がある。(→奈良の大仏

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

くになかのむらじ‐きみまろ【国中連公麻呂】

奈良時代の仏師。百済の帰化人の子孫。従四位下。大和の人。金光明寺(のちの東大寺)造仏所の造仏長官、造東大寺司次官となり、東大寺大仏の造立をはじめ、造寺造像事業に貢献した。宝亀五年(七七四)没。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アースデイ

地球のことを考えて行動する日。1970年、アメリカのG・ネルソン上院議員によって提唱された。毎年4月22日がその日とされており、世界中で環境イベントが開催されている。 アースデイが誕生したきっかけは、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android