コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大伴赤麻呂 おおともの あかまろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大伴赤麻呂 おおともの-あかまろ

?-750* 奈良時代の豪族。
武蔵(むさし)多摩郡(東京都)の大領(郡司)。「日本霊異記(りょういき)」によれば,天平勝宝(てんぴょうしょうほう)元年12月19日死亡し,翌年黒まだらの牛に生まれかわったという。牛の背の斑紋をよんでみると,自分が建立した寺からの借用物をかえさないうちに死んだので債務をつぐなうため,とかいてあった。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大伴赤麻呂の関連キーワード奈良時代豪族

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android