コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大伴赤麻呂 おおともの あかまろ

1件 の用語解説(大伴赤麻呂の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大伴赤麻呂 おおともの-あかまろ

?-750* 奈良時代の豪族。
武蔵(むさし)多摩郡(東京都)の大領(郡司)。「日本霊異記(りょういき)」によれば,天平勝宝(てんぴょうしょうほう)元年12月19日死亡し,翌年黒まだらの牛に生まれかわったという。牛の背の斑紋をよんでみると,自分が建立した寺からの借用物をかえさないうちに死んだので債務をつぐなうため,とかいてあった。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大伴赤麻呂の関連キーワード崇道天皇敢忍国阿須波束麻呂綾菅麻呂出雲太田出雲国成大伴部赤男佐伯田公三田塩籠三宅麻佐

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone