コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大伴咋 おおともの くい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大伴咋 おおともの-くい

?-? 飛鳥(あすか)時代の豪族。
大伴金村(かなむら)の子。用明天皇2年(587)物部守屋(もののべの-もりや)の征討に参加。崇峻(すしゅん)天皇4年大将軍のひとりとして任那(みまな)(朝鮮)復興の遠征軍を指揮して筑紫(つくし)までいくが,5年天皇が暗殺され渡航を中止。推古天皇9年新羅(しらぎ)(朝鮮)に侵略された任那をすくうため高句麗(こうくり)(朝鮮)へ派遣された。名は囓,咋子ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おおとものくい【大伴咋】

6~7世紀初めの豪族。生没年不詳。囓,咋子とも書く。《日本書紀》によると,587年(用明2),物部守屋討伐の軍に加わったのをはじめ,591年(崇峻4)には任那再建軍の大将軍となり,601年(推古9)には高句麗に派遣されるなど,軍事・外交の面に活躍,608年隋使裴世清来朝のおりには朝廷において国書奏上の任にあたった。《続日本紀》によると冠位は大徳で,吹負(ふけい)の父,牛養の祖父。【笹山 晴生】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大伴咋の関連キーワード大伴馬来田大伴長徳大伴吹負大伴金村大伴牛養阿倍鳥

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android