コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大光院尊為 たいこういん そんい

1件 の用語解説(大光院尊為の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大光院尊為 たいこういん-そんい

1624-1706 江戸時代前期の俳人,修験者。
寛永元年生まれ。出羽(でわ)能代(秋田県)の住吉神社の別当職。京都の北村季吟(きぎん)にまなぶ。明暦2年(1656)安原貞室編「玉海集」に東北でただひとりえらばれる。延宝8年(1680)東北初の俳書「八束穂(やつかほ)集」を刊行。宝永3年6月27日死去。83歳。姓は平賀。号は桂葉(けいよう),晩翠堂。別名に役尊為(えき-たかため)。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大光院尊為の関連キーワードコックス寛永カスパルイーブリン関口流錦文流ソテロ福島正則歌舞伎年代記佐渡金山

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone