コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大光院尊為 たいこういん そんい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大光院尊為 たいこういん-そんい

1624-1706 江戸時代前期の俳人,修験者。
寛永元年生まれ。出羽(でわ)能代(秋田県)の住吉神社の別当職。京都の北村季吟(きぎん)にまなぶ。明暦2年(1656)安原貞室編「玉海集」に東北でただひとりえらばれる。延宝8年(1680)東北初の俳書八束穂(やつかほ)集」を刊行。宝永3年6月27日死去。83歳。姓は平賀。号は桂葉(けいよう),晩翠堂。別名に役尊為(えき-たかため)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大光院尊為の関連キーワード大光院尊閑修験者俳人

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android