大光院尊為(読み)たいこういん そんい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大光院尊為 たいこういん-そんい

1624-1706 江戸時代前期の俳人,修験者。
寛永元年生まれ。出羽(でわ)能代(秋田県)の住吉神社の別当職。京都の北村季吟(きぎん)にまなぶ。明暦2年(1656)安原貞室編「玉海集」に東北でただひとりえらばれる。延宝8年(1680)東北初の俳書八束穂(やつかほ)集」を刊行。宝永3年6月27日死去。83歳。姓は平賀。号は桂葉(けいよう),晩翠堂。別名に役尊為(えき-たかため)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android