コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平賀 ひらか

5件 の用語解説(平賀の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平賀
ひらか

青森県南部,平川市北部の旧町域。津軽平野の南端にある。 1955年柏木町,大光寺町の2町と竹館村,町居村,尾崎村の3村が合体して平賀町が成立。 2006年尾上町,碇ヶ関村と合体して平川市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

平賀

正式社名「株式会社平賀」。英文社名「HIRAGA CO., LTD.」。製造業。昭和31年(1956)「株式会社平賀商店」設立。同40年(1965)現在の社名に変更。本社は東京都練馬区豊玉北。印刷会社。新聞折り込みチラシが主力。企画から印刷まで一貫受注。子会社ペット用品などのインターネット販売も。JASDAQ上場。証券コード7863。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ひらが【平賀】

姓氏の一。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

平賀
ひらか

青森県中南部、南津軽郡にあった旧町名(平賀町(まち))。現在は平川(ひらかわ)市の北東を占める地域。十和田(とわだ)湖の北西部にある。1955年(昭和30)大光寺(だいこうじ)、柏木(かしわぎ)の2町と尾崎、竹館(たけだて)、町居(まちい)の3村が合併して成立。2006年(平成18)、南津軽郡尾上(おのえ)町、碇ヶ関(いかりがせき)村と合併して市制施行、平川市となった。旧町名は中世の平賀郡平賀荘(しょう)による。弘南(こうなん)鉄道弘南線、国道7号、102号、454号が通じる。西部は津軽平野、東部は奥羽山脈に続く山地・台地。岩木川の支流浅瀬石(あせいし)川が北流している。津軽地方でも良質の米とリンゴの産地。東部山地の善光寺平(ぜんこうじたい)、大木平(おおぼくたい)、軍馬平(ぐんまたい)などは第二次世界大戦後に開拓された地。隣接する弘前(ひろさき)市への通勤・通学者が増えている。東部は十和田八幡平(はちまんたい)国立公園域で温川(ぬるかわ)温泉がある。[横山 弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

平賀の関連キーワード兼松セキMrMaxAiHOケーエスケーしんわ翔薬エトーマルホ東部瓦斯

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

平賀の関連情報