コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大型ハドロン衝突型加速器 おおがたハドロンしょうとつがたかそくきLarge Hadron Collider; LHC

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大型ハドロン衝突型加速器
おおがたハドロンしょうとつがたかそくき
Large Hadron Collider; LHC

ヨーロッパ原子核研究機関 CERNが建設した粒子加速器。世界最大の科学実験装置で,ヒッグス粒子の発見や宇宙誕生の謎の解明などを目的とする。フランスとスイスの国境の地下 50~175mにつくられた直径 3.8m,円周約 27kmの地下トンネル内に設置され,ハドロンの 2本のビームを環状の加速器に沿って反対方向に発射するよう設計されている。粒子ビームは,深宇宙より真空度が高く,2K(絶対温度)以下までに冷やされた通路内を走る。トンネル内に据え付けられた約 1700基の大型超伝導磁石がつくる強力な磁場により,粒子ビームは光速度近くまで加速される。粒子ビームはトンネル内の 4ヵ所で交差し,粒子の一部が互いに衝突して大量の新しい粒子を生み出す。大型超伝導磁石と列をなす検出器が,それぞれの衝突地点で生産される粒子を集め,測定する。陽子同士の衝突で,14兆eV(電子ボルト)のエネルギーが発生する。1984年に発案され 2008年に実現。同年 9月に初運転したが電気系統の不具合で中断,2009年11月に再稼動した。(→加速器

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

知恵蔵の解説

大型ハドロン衝突型加速器

2008年9月に本格始動した欧州合同原子核研究機関(CERN)の世界最大級加速器。スイス・仏国境の環状トンネル(1周約27km)に超伝導磁石1000個余を並べて粒子を回す。陽子同士の衝突実験では、ビッグバンから1兆分の1秒後の14兆電子ボルト(eV)の高エネルギー宇宙を再現する。主な狙いはヒッグス粒子や超対称粒子の発見。最近のブレーン宇宙の理論から、4次元時空を超える隠れた次元探しや微小ブラックホールの探究にも期待がかかるようになった。

(尾関章 朝日新聞記者 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

大型ハドロン衝突型加速器の関連キーワードドイツ電子シンクロトロン研究所クォーク・グルーオンプラズマフェルミ国立加速器研究所国際リニアコライダーアングレールヒッグス機構コライダー巨大加速器第5の次元SINETLHC

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大型ハドロン衝突型加速器の関連情報