コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

超対称粒子 ちょうたいしょうりゅうしsupersymmetric partner

3件 の用語解説(超対称粒子の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

超対称粒子
ちょうたいしょうりゅうし
supersymmetric partner

実在するすべての素粒子には質量が同じでスピンが 1/2だけ異なる粒子が対をなしているものがあると考え,そのパートナーを粒子に対する超対称粒子という。超対称多重項はヘリシティスピンの運動量方向成分)で指定される 2重項で,それぞれに 2種類がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

超対称粒子
ちょうたいしょうりゅうし
supersymmetric partner

自然界の基本的な力を統一的に理解しようとする超対称性理論から予測される新しい粒子。物質は、陽子や中性子などをつくるクォークと、電子などのレプトン(軽粒子)から構成される。これらクォーク、レプトンには、4種類の基本的な力、強い力、電磁力、弱い力、重力がはたらいている。力は、クォーク、レプトンの間に固有のゲージ粒子を交換することによって発生する。新しく登場した超対称性理論は、4種の力を統一的に理解することができる有望な理論とされている。これまでの理論では、物質をつくるクォーク、レプトンと力を媒介するゲージ粒子は、まったく性質のちがう粒子群とみなされていた。ところが、超対称性理論によれば、これら2種類の粒子群は、より根源的な粒子から枝分かれしたと考えられる。このことはすなわち、物質と力というまったく異なる概念が統一的に理解できることを意味する。理論は、既知粒子のすべてにその相棒として超対称粒子を予言する。その発見は、今後の高エネルギー物理学の重要な課題である。[広瀬立成]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone