大学入試改革

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

大学入試改革

知識量だけでなく思考力判断力表現力などを問う入試をめざし、現在の中2が高3になる2020年度から実施する。「大学入試センター試験」に代え、新共通テストとして「大学入学希望者学力評価テスト仮称)」を行い、記述式を導入。英語では「聞く・話す・読む・書く」の4技能の評価のため、民間の資格・検定試験を活用することも検討中。

(2016-12-04 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大学入試改革の関連情報