コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大学設置基準の改正 ダイガクセッチキジュンノカイセイ

人事労務用語辞典の解説

大学設置基準の改正

「大学設置基準」とは、1956年(昭和31年)に旧文部省が学校教育法に基づいて制定した省令で、大学を設置する上で必要な最低の基準――教育研究上の基本組織や教員の資格、収容定員、卒業の要件などを、全10章にわたって規定しています。文部科学省は2010年にこれを改正。11年度からすべての大学に対し、「社会的・職業的自立に関する指導等」(キャリア教育)を大学教育の一環として実施するよう義務付けました。
(2011/2/28掲載)

出典 『日本の人事部』人事労務用語辞典について 情報

大学設置基準の改正の関連キーワードファカルティ・ディベロップメントアドミッション・オフィス入試大学院改革大学改革共同学部

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android