コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大学設置基準の改正 ダイガクセッチキジュンノカイセイ

人事労務用語辞典の解説

大学設置基準の改正

「大学設置基準」とは、1956年(昭和31年)に旧文部省が学校教育法に基づいて制定した省令で、大学を設置する上で必要な最低の基準――教育研究上の基本組織や教員の資格、収容定員、卒業の要件などを、全10章にわたって規定しています。文部科学省は2010年にこれを改正。11年度からすべての大学に対し、「社会的・職業的自立に関する指導等」(キャリア教育)を大学教育の一環として実施するよう義務付けました。
(2011/2/28掲載)

出典|『日本の人事部』人事労務用語辞典について | 情報

大学設置基準の改正の関連キーワードファカルティ・ディベロップメントアドミッション・オフィス入試大学院改革大学改革共同学部

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大学設置基準の改正の関連情報