コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大山椒魚 オオサンショウウオ

デジタル大辞泉の解説

おお‐さんしょううお〔おほサンセウうを〕【大山×椒魚】

有尾目オオサンショウウオ科の両生類。全長1~1.4メートルに達し、両生類中で世界最大。全体に暗褐色で、小さないぼがあり、頭が大きい。尾はひれ状で一生水中で生活する。半分に裂いても生きているというので、「はんざき」の名もある。本州中部以西および大分県の清流に生息。特別天然記念物

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おおさんしょううお【大山椒魚】

有尾目の両生類。現存する両生類中の最大種で、全長1.4メートルに達する。体は灰褐色で、四肢は短く、尾は側扁する。岐阜県以西の本州と北九州の山間清流にすむ。半分に裂いても生きているといわれ、ハンザキの名もある。国の特別天然記念物。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

大山椒魚 (オオサンショウウオ)

学名:Andrias japonicus
動物。オオサンショウウオ科のサンショウウオ

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

大山椒魚の関連キーワードハンザキ灰褐色

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大山椒魚の関連情報