コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大山椒魚 オオサンショウウオ

2件 の用語解説(大山椒魚の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おお‐さんしょううお〔おほサンセウうを〕【大山×椒魚】

有尾目オオサンショウウオ科の両生類。全長1~1.4メートルに達し、両生類中で世界最大。全体に暗褐色で、小さないぼがあり、頭が大きい。尾はひれ状で一生水中で生活する。半分に裂いても生きているというので、「はんざき」の名もある。本州中部以西および大分県の清流に生息。特別天然記念物

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おおさんしょううお【大山椒魚】

有尾目の両生類。現存する両生類中の最大種で、全長1.4メートルに達する。体は灰褐色で、四肢は短く、尾は側扁する。岐阜県以西の本州と北九州の山間清流にすむ。半分に裂いても生きているといわれ、ハンザキの名もある。国の特別天然記念物。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone