コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大山為起 おおやまためおき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大山為起
おおやまためおき

[生]慶安4(1651).山城
[没]正徳3(1713).3.17. 京都
江戸時代中期の垂加流の神道家。通称左兵衛,葦水と号する。貞享4 (1687) 年伊予松山藩に招かれ味酒神社の神職となり,かたわら神道を講じ『日本書紀』の講義『味酒講記』 (1710) を完成させた。晩年は京都に帰り,五条音羽橋に庵を結び,神道の講義をした。その他の著作『唯一論』『古語拾遺 (注) 』『延喜神名式比保古』『本朝桃葦伝』『職原抄玉綴』『天孫本紀かがみ草』。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大山為起 おおやま-ためおき

1651-1713 江戸時代前期-中期の神道家。
慶安4年生まれ。山崎闇斎(あんさい)に師事。貞享(じょうきょう)4年伊予(いよ)松山藩主松平定直にまねかれて味酒(みさけ)神社の神職になる。「日本書紀」を講じ,注釈書「味酒講記(うまさけこうき)」をあらわした。のち京都で葦水(いすい)軒を開塾。正徳(しょうとく)3年3月17日死去。63歳。山城(京都府)出身。本姓は松本。通称は左兵衛など。号は葦水,葦水斎。著作はほかに「稲荷社記録」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

大山為起

没年:正徳3.3.17(1713.4.11)
生年:慶安4(1651)
江戸前期から中期にかけての神道家。山城国伏見(京都市)生まれ。伏見稲荷大社神主松本為穀の子。通称は大膳,左兵衛,吉兵衛。号は葦水。3歳のとき,商人大山正康の養子となるが,実家に戻り家業を継ぐ。延宝8(1680)年山崎闇斎の門人となり垂加神道を学ぶ。再び大山姓を名乗り,貞享4(1687)年に伊予松山藩主松平定直の招きで松山味酒神社の神主となる。『日本書紀』の注釈書『日本書紀味酒講記』全55巻を完成させ(1710),正徳1(1711)年京都に帰り,葦水軒という塾を開き門人を養成した。著書は他に『稲荷社記録』など多い。<参考文献>岡部譲編『大山為起翁記念篇』

(白山芳太郎)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

大山為起の関連キーワードコルネイユ(Pierre Corneille)徳川家光ケンペル堀田正盛丸橋忠弥由比正雪丸橋忠弥徳川家光由井正雪・由比正雪キョセム・スルタン

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android