コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大平温泉 おおだいらおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大平温泉
おおだいらおんせん

山形県南東部,米沢市にある温泉。吾妻連峰の北麓松川の源流近くに湧き,周囲を深い森に囲まれて深山の趣が漂う。泉質硫黄泉泉温は 53℃。皮膚病神経痛にきく。旅館建物のすぐ下,渓流の脇につくられた大きな露天風呂名物である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大平温泉
おおだいらおんせん

山形県南部、米沢(よねざわ)市にある温泉。吾妻(あづま)連峰北麓(ほくろく)の松川上流にある一軒宿で、江戸中期の発見と伝えられる。泉質は硫黄泉。付近は火焔(ひのぼえ)滝などの渓谷美に富んでおり、野猿もときおりみられる仙境の地である。JR米沢駅の南東約19キロメートル。[中川 重]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

大平温泉の関連キーワード中川

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android