コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大平温泉 おおだいらおんせん

2件 の用語解説(大平温泉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大平温泉
おおだいらおんせん

山形県南東部,米沢市にある温泉。吾妻連峰の北麓,松川の源流近くに湧き,周囲を深い森に囲まれて深山の趣が漂う。泉質は硫黄泉。泉温は 53℃。皮膚病や神経痛にきく。旅館建物のすぐ下,渓流の脇につくられた大きな露天風呂が名物である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大平温泉
おおだいらおんせん

山形県南部、米沢(よねざわ)市にある温泉。吾妻(あづま)連峰北麓(ほくろく)の松川上流にある一軒宿で、江戸中期の発見と伝えられる。泉質は硫黄泉。付近は火焔(ひのぼえ)滝などの渓谷美に富んでおり、野猿もときおりみられる仙境の地である。JR米沢駅の南東約19キロメートル。[中川 重]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大平温泉の関連キーワード五色温泉五色[温泉]白布[温泉]山形県米沢市赤崩山形県米沢市吾妻町山形県米沢市大町山形県米沢市城南山形県米沢市関根山形県米沢市東山形県米沢市門東町

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone