コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大年法延 だいねん ほうえん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大年法延 だいねん-ほうえん

?-1363 南北朝時代の僧。
臨済(りんざい)宗。鎌倉浄智寺の竺仙梵僊(じくせん-ぼんせん)に師事し,その法をつぐ。若狭(わかさ)(福井県)守護大高重成にまねかれ高成(こうじょう)寺をひらいた。竺仙に跋文を請うて夢窓疎石の「夢中問答集」を刊行した。貞治(じょうじ)2=正平(しょうへい)18年10月2日死去。伊予(いよ)(愛媛県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大年法延の関連キーワード南北朝時代臨済

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android