コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夢中問答集 むちゅうもんどうしゅう

3件 の用語解説(夢中問答集の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

夢中問答集
むちゅうもんどうしゅう

足利尊氏,直義の兄弟の質問に答えてなされた夢窓疎石の法語を集録したもの。3巻。興国5=康永3 (1344) 年刊。問答体で,平明な文体のかな書きにより仏教の教えや禅の眼目について説いている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

むちゅうもんどうしゅう【夢中問答集】

夢窓疎石述の法話集。《夢中問答》ともいう。全3巻。夢窓が足利尊氏の弟直義(ただよし)の問いに対し,仏教の本質,俗信,そして禅の本旨などについて,93項目にわたって平易懇切に答えたものである。すでに夢窓が生存中の1344年(興国5∥康永3),若狭守護にも補任されたことのある大高重成が,南禅寺竺仙梵僊(じくせんぼんせん)の跋文を得て開版した。禅の玄旨を簡明に説示しているところから,参学の徒の手引きとして広く利用され,室町時代から江戸時代にかけて,幾度も開版された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

夢中問答集
むちゅうもんどうしゅう

夢窓疎石(むそうそせき)が足利直義(ただよし)の問いに答えた法話集。3巻。『夢中問答(むちゅうもんどう)』ともいう。全編93章の仮名交り文の問答集。在俗のまま禅を志す者や女性たちに見せたいという直義の意を受けて、1342年(康永元)9月の竺仙梵僊(じくせんぼんせん)の跋(ばつ)文と1344年の再跋をつけて、足利氏に仕え、疎石に学んだ大高重成(おおたかしげなり)が出版。五山版(ござんばん)のほか浄因寺(じょういんじ)版、元和(げんな)版、寛永版、正保(しょうほう)版、文政版などがあり、岩波文庫などにも収録。『古典史料類従5』は五山版の複製を所収。[今枝愛眞]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

夢中問答集の関連情報