コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大庭三郎 おおば さぶろう

1件 の用語解説(大庭三郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大庭三郎 おおば-さぶろう

1912-1998 昭和-平成時代の舞台照明家。
明治45年1月5日生まれ。昭和15年大庭照明研究所を設立し,歌舞伎座,新橋演舞場などで舞台照明を担当。戦後ニューヨークブロードウェーで研修し,帰国後,実験スタジオを創設する。代表作に「屋根の上のヴァイオリン弾き」「マイ・フェア・レディ」など。日本照明家協会会長をつとめた。平成10年1月15日死去。86歳。東京出身。安田学園工専卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の大庭三郎の言及

【大庭景親】より

…平安時代末期の武士。通称大庭三郎。景忠の子で,平治の乱の際捕らえられながらも助命されたことから平家に臣従した。…

※「大庭三郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大庭三郎の関連キーワード光の科学史Kiroro自動車工業生活教育日本セメントホンダ VFR800FI教育委員会公明党バーブ明治天皇

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone