大手前大学(読み)おおてまえだいがく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大手前大学
おおてまえだいがく

私立大学。 1946年藤井健造によって創設された大手前文化学院を前身として 1951年に大手前女子短期大学が発足し,1966年に4年制の大手前女子大学を開設,文学部を置いた。 2000年現校名に改称し,男女共学制に移行。文学部を人文科学部に改編し,社会文化学部を増設した。入学定員は 670人 (2004) 。 1996年大学院を設置。本部所在地は兵庫県西宮市。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

おおてまえ‐だいがく〔おほてまへ‐〕【大手前大学】

兵庫県西宮市などにある私立大学。昭和41年(1966)に大手前女子大学として開学。平成12年(2000)に現校名に改称するとともに男女共学校となった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大手前大学
おおてまえだいがく

私立。1966年(昭和41)大手前女子大学として開学、2000年(平成12)校名を現名称に変更するとともに男女共学制となった。2010年時点で、メディア・芸術学部、総合文化学部、現代社会学部の3学部および大学院(比較文化研究科)を置く。2007年4月以降、学部に学科を設置せず、入学時の学部以外の科目でも自由に選択できるユニット自由選択制をとっている。学校法人大手前学園が運営。併設校に大手前短期大学がある。所在地は兵庫県西宮(にしのみや)市御茶家所町(おちゃやしょちょう)6-42(西宮キャンパス)、兵庫県伊丹(いたみ)市稲野町(いなのちょう)2-2-2(伊丹キャンパス)。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大手前大学の関連情報