コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大文字屋文楼(初代) だいもんじや ぶんろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大文字屋文楼(初代) だいもんじや-ぶんろう

?-1780 江戸時代中期の町人。
加保茶(かぼちゃの)元成の養父。伊勢(いせ)(三重県)の人。江戸の新吉原妓楼(ぎろう)大文字屋をひらく。園芸をこのみ,文楼斑(はん)という斑(ふ)入りのマツバランをつくった。安永9年11月6日死去。姓は村田。通称は市兵衛

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大文字屋文楼(初代)の関連キーワード武装中立同盟ペスタロッチマリアテレジアティチングマリアテレジアコンディヤック前古典派音楽ダービー(競馬)ベリマン(Torbern Olaf Bergman)本居宣長(国学者、神道学者)

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android