コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大文字草(読み)ダイモンジソウ

デジタル大辞泉の解説

だいもんじ‐そう〔‐サウ〕【大文字草】

ユキノシタ科の多年草。山地の湿気のある岩に生え、高さ10~30センチ。葉は手のひら状に浅く裂ける。夏から秋に、白い5弁花をつけ、3弁は小さく、2弁は長いので「大」の字に似る。 秋》「鐘釣の―を忘れめや/虚子

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

だいもんじそう【大文字草】

ユキノシタ科の多年草。山中の湿った岩などに生える。葉は掌状で根生し、柄が長く、円形。夏から秋にかけ、30センチメートルほどの花茎を立て白色の小花を円錐花序につける。花は五弁で、うち二個がほかよりも長く「大」の字に似る。 [季] 秋。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

大文字草 (ダイモンジソウ)

学名:Saxifraga fortunei var.incisolobata
植物。ユキノシタ科の多年草,高山植物,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android