大明(読み)だいめい

精選版 日本国語大辞典の解説

たい‐みん【大明】

(「だいみん」とも) 中国、明国の尊号
※史記抄(1477)一七「鹿苑院殿の代につよう大明と通ぜられたほどに」

たい‐めい【大明】

〘名〙
① 太陽の異称。
※本朝文粋(1060頃)三・立神祠〈藤原春海〉「晉煙大明、詔義和以捧轡」
※太平記(14C後)二「徳不孤必有隣、大明光を蔵(かく)ざりければ、遂に五代聖主の国師として、三聚浄戒の太祖たり」 〔礼記‐礼器〕
② 太陽と月。日月。〔管子‐内業〕
③ (形動) 大いに明らかなこと。また、大いに明らかにすること。また、そのさま。〔書経‐康誥〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大明の関連情報