三聚浄戒(読み)さんじゅじょうかい

  • さんじゅじょうかい ‥ジャウカイ
  • さんじゅじょうかい〔ジヤウカイ〕
  • 三×聚浄戒

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

仏教用語。大乗戒菩薩戒三聚戒ともいう。大乗戒律の一つで,大乗の菩薩出家も在家もともにこれを受持する。 (1) 摂律儀戒 (五戒八戒,十具足戒などの一切の戒律を受持するという戒律) ,(2) 摂善法戒 (一切の法を修することを戒とするもの) ,(3) 摂衆生戒 (一切の衆生を愛護し,利益を与えようとすること) の3つをいう。この三戒律は無垢にして清浄であることから三聚浄戒と称する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

大乗教の菩薩(ぼさつ)戒を3種に整理したもの。戒めを守り一切の悪を防ぐ摂律儀戒、進んで善を行う摂善法戒、一切の衆生を教化(きょうけ)し益することに努める摂衆生戒。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

三聚戒・三聚とも。大乗仏教菩薩が受け,守る3種の戒。1.仏の定めた戒を守って悪を防ぐ摂律儀(しょうりつぎ)戒,2.自己のために進んで善を行う摂善法(しょうぜんぼう)戒,3.世の人を教え導き,他に尽くす摂衆生(しょうしゅじょう)戒(饒益有情(にょうやくうじょう)戒)の3種。具体的内容としてこれらにどんな戒を当てるか,宗派により差異がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

地持経・瓔珞経などに見られる三種の菩薩戒。摂律儀戒しようりつぎかい(一切の悪を捨て去ること)・摂善法戒(一切の善を実行すること)・摂衆生戒(一切の衆生しゆじようにあまねく利益を施すこと)の総称。三聚戒。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 仏語。菩薩戒の性格を三種に分類したもの。仏のさだめたいましめを守り、いっさいの悪を防ぐ摂律儀戒、進んで善を行なう摂善法戒、いっさいの衆生を教化し利益をほどこすようつとめる摂衆生戒の三つ。三聚戒。三聚。三聚の清浄戒。
※観智院本三宝絵(984)下「菩薩戒といふは三聚浄戒也」 〔菩薩戒羯磨文〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android