コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大月景秀 おおつき かげひで

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大月景秀 おおつき-かげひで

?-1573 戦国-織豊時代の武将,医師。
越前(えちぜん)(福井県)の朝倉義景につかえる。医術をまなび,朝倉家軍用の妙薬「万金丹」の製法を習得。朝倉氏滅亡後,出家して産前産後の薬をうりだした。天正(てんしょう)元年11月8日死去。通称は三郎左衛門尉。法名は善隆。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大月景秀の関連キーワード天正元亀安土桃山時代(年表)岩成友通三好義継篠原長房島井宗室若江城小谷城跡越前国

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android