コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

万金丹 マンキンタン

3件 の用語解説(万金丹の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

まんきん‐たん【万金丹】

伊勢国、朝熊(あさま)山で製し、解毒・気付けなどの効果があるとされた薬の名。
1に形が似ているところから》一分金の異称。
「月掛かりの男、―一角づつに定めて」〈浮・一代女・六〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

まんきんたん【万金丹】

伊勢国、朝熊あさま山で製した薬の名。五倍子ふし・麝香じやこうなどを練り固めて長方形にし、金箔を押す。解毒・気付けなど諸病に用いる。
に外見が似ていることから〕 一歩金の異名。 「月掛りの男、-一角づつに定めて/浮世草子・一代女 6

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

万金丹の関連情報