万金丹(読み)マンキンタン

デジタル大辞泉の解説

まんきん‐たん【万金丹】

伊勢国、朝熊(あさま)山で製し、解毒・気付けなどの効果があるとされた薬の名。
1に形が似ているところから》一分金の異称。
「月掛かりの男、―一角づつに定めて」〈浮・一代女・六〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まんきんたん【万金丹】

伊勢国、朝熊あさま山で製した薬の名。五倍子ふし・麝香じやこうなどを練り固めて長方形にし、金箔を押す。解毒・気付けなど諸病に用いる。
に外見が似ていることから〕 一歩金の異名。 「月掛りの男、-一角づつに定めて/浮世草子・一代女 6

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

万金丹の関連情報