大本山(読み)だいほんざん

精選版 日本国語大辞典の解説

だい‐ほんざん【大本山】

〘名〙
① 総本山の下にあって、所属の寺院を総括する寺。総本山につぐ寺格の寺。
※朝日新聞‐明治一三年(1880)一月一六日「総本山長谷寺を大本山と公称する事」
② ある分野に大きな地位を持つ人や組織を、大仰に形容する語。総本山。
※浮世酒場(1936)〈獅子文六〉二「金融産業両資本の大本山(ダイホンザン)の出来事だからね」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android