大本山(読み)ダイホンザン

大辞林 第三版の解説

だいほんざん【大本山】

仏教の一宗派で最高位の寺院として、所属の末寺を統轄する寺。
総本山の下にあって所属の末寺を統轄する寺。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

だい‐ほんざん【大本山】

〘名〙
① 総本山の下にあって、所属の寺院を総括する寺。総本山につぐ寺格の寺。
※朝日新聞‐明治一三年(1880)一月一六日「総本山長谷寺を大本山と公称する事」
② ある分野に大きな地位を持つ人や組織を、大仰に形容する語。総本山。
※浮世酒場(1936)〈獅子文六〉二「金融産業両資本の大本山(ダイホンザン)の出来事だからね」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大本山の関連情報