大村湾県立自然公園(読み)おおむらわんけんりつしぜんこうえん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大村湾県立自然公園
おおむらわんけんりつしぜんこうえん

長崎県中部,大村湾の沿岸部を主とする海の自然公園。面積 22.35km2。 1966年指定。北の針尾瀬戸は潮流の速いことで知られ,瀬戸にかかる西海橋は好観潮台。湾北部に突出する大崎半島 (川棚町) は風景がよく,孔雀園,海水浴場がある。西海岸の大串湾,形上湾はともにリアス海岸をなす。大村湾周辺は旧大村藩の領域で,大村氏関係の旧跡が多く,西岸の西海市大串には金山の跡がある。南岸の琴ノ尾岳 (451m。諫早市多良見) は好展望地。湾内はボート,ヨット,海水浴などのレクリエーション地。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android