西海橋(読み)さいかいばし

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

長崎県西彼杵半島(にしそのぎはんとう)と針尾島(はりおじま)との間の針尾瀬戸に架けられた橋。全長316メートル。海面からの高さ42メートル、上路式アーチ型の橋梁(きょうりょう)。1955年(昭和30)完成。日本における有料橋の第一号。この橋梁により国道202号も完成。佐世保(させぼ)―長崎は直結され、沿線の産業開発に役だつとともに、針尾瀬戸、大村湾を望む快適な観光コースをなし、利用度が高く、1970年には無料開放された。橋の東口に西海橋公園があり、また西海パールシーリゾート内の桟橋から九十九(くじゅうく)島への観光船が出航している。2006年(平成18)には西方を並行して走る新西海橋(西海パールライン)が完成した。[石井泰義]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の西海橋の言及

【西彼[町]】より

…主産業は農業で,ミカン,スイカ,米,バレイショの栽培,肉牛肥育,養豚が行われ,近年施設園芸が増加している。佐世保市と結ぶ西海橋は,1955年に完成した固定アーチ橋で,その下の針尾(伊ノ浦)瀬戸は日本三大急潮の一つとして多くの観光客を集める。真珠養殖発祥の地であるが,現在は行われていない。…

【針尾島】より

…さらに,第2次大戦後に行われた観潮橋,早岐瀬戸大橋などの架橋により,本土と通じた。南の西彼杵(にしそのぎ)半島との間の針尾瀬戸(伊ノ浦瀬戸)は急潮をもって知られ,アーチ橋の西海橋(支間長216m)が架かる。西部ではミカン栽培農家が多いが,東部では稲作農家が多い。…

※「西海橋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ヘイトスピーチ

「憎悪にもとづく発言」の一形態。匿名化され、インターネットなどの世界で発信されることが多い。定義は固まっていないが、主に人種、国籍、思想、性別、障害、職業、外見など、個人や集団が抱える欠点と思われるも...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android