川棚町(読み)かわたな

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

川棚〔町〕
かわたな

長崎県中部,大村湾北岸にある町。 1934年町制。農業と工業を主産業とする。農業では川棚川流域の米作と丘陵地のミカン栽培が主。工業では,第2次世界大戦中につくられた海軍工廠の跡地が工業団地となり,そこに炉材を主とする工業が発展している。大村湾に突出する玄武岩台地の大崎半島は大村湾県立自然公園に属する景勝地で,大崎くじゃく園,国民宿舎海水浴場などがある。湾岸を JR大村線,国道 205号線が走る。面積 37.35km2。人口 1万4067(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

肺ペスト

ネズミなどのげっ歯類他が媒介するペスト菌が、肺に感染して起こる疾病。ペスト患者のうち「腺ペスト」が80~90%、「敗血症型ペスト」が約10%を占め、肺ペストは非常に稀にしか起こらない。ペスト患者の体内...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

川棚町の関連情報