コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川棚町 かわたな

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

川棚〔町〕
かわたな

長崎県中部,大村湾北岸にある町。 1934年町制。農業と工業を主産業とする。農業では川棚川流域の米作と丘陵地のミカン栽培が主。工業では,第2次世界大戦中につくられた海軍工廠の跡地が工業団地となり,そこに炉材を主とする工業が発展している。大村湾に突出する玄武岩台地の大崎半島は大村湾県立自然公園に属する景勝地で,大崎くじゃく園,国民宿舎,海水浴場などがある。湾岸を JR大村線,国道 205号線が走る。面積 37.35km2。人口 1万4067(2015)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

川棚町の関連キーワード東彼杵・波佐見・川棚3町の合併問題長崎県東彼杵郡川棚町猪乗川内郷長崎県東彼杵郡川棚町小音琴郷長崎県東彼杵郡川棚町五反田郷長崎県東彼杵郡川棚町石木郷長崎県東彼杵郡川棚町城山町長崎県東彼杵郡川棚町白石郷長崎県東彼杵郡川棚町中山郷長崎県東彼杵郡川棚町三越郷長崎県東彼杵郡川棚町新谷郷長崎県東彼杵郡川棚町中組郷長崎県東彼杵郡川棚町上組郷長崎県東彼杵郡川棚町小串郷長崎県東彼杵郡川棚町下組郷長崎県東彼杵郡川棚町岩屋郷長崎県東彼杵郡川棚町百津郷長崎県東彼杵郡川棚町木場郷長崎県東彼杵郡川棚町栄町長崎県東彼杵郡川棚町の要覧

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

川棚町の関連情報