大森三益(読み)おおもり さんえき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大森三益 おおもり-さんえき

1812-1881 江戸後期-明治時代の医師。
文化9年2月25日生まれ。出雲(いずも)(島根県)の人。和歌山の華岡青洲(はなおか-せいしゅう)に入門。青洲没後は塾頭として門人の指導と治療にあたる。天保(てんぽう)10年帰郷して私塾をひらき,華岡流の外科手術法をおしえる。とくに乳がんの手術にすぐれた。出雲母里(もり)藩医。明治14年11月13日死去。70歳。本姓千原。名は泰輔。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android