コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大森惟中 おおもり いちゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大森惟中 おおもり-いちゅう

1844-1908 明治時代の工芸史家。
弘化(こうか)元年生まれ。内務省にはいり,明治8年フィラデルフィア万国博覧会に派遣され,以後国内外の博覧会で審査にたずさわる。また全国各地の美術,工芸の振興につくした。フェノロサの演説を訳した「美術真説」が有名。明治41年3月22日死去。65歳。江戸出身。著作はほかに「博物新編」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大森惟中の関連キーワード曲芸国木田独歩沢村宗十郎監獄法新聞小説井関隆子武田秀平平手造酒弘化黄埔条約