コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大森惟中 おおもり いちゅう

1件 の用語解説(大森惟中の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大森惟中 おおもり-いちゅう

1844-1908 明治時代の工芸史家。
弘化(こうか)元年生まれ。内務省にはいり,明治8年フィラデルフィア万国博覧会に派遣され,以後国内外の博覧会で審査にたずさわる。また全国各地の美術,工芸の振興につくした。フェノロサの演説を訳した「美術真説」が有名。明治41年3月22日死去。65歳。江戸出身。著作はほかに「博物新編」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大森惟中の関連キーワード藤井達吉石沢正男小田安正岸俊雄坂田平一佐々木清七中川千咲前田松閣森田良見和田善平

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone