コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大森時長 おおもり ときなが

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大森時長 おおもり-ときなが

1690-1761 江戸時代中期の武士。
元禄(げんろく)3年生まれ。幕臣使番,目付などをへて,享保(きょうほう)17年飢饉(ききん)のさなか長崎奉行となり,東北から米1万石余を購入して難民をすくう。19年異国船との交易にあてる銅の用意をおこたり,異国船の出帆をおくらせた責任をとわれ,免職となった。宝暦11年11月6日死去。72歳。本姓は土屋。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大森時長の関連キーワードオーノア夫人ホイヘンス小堀政峯花園実廉シャルルボアシュパンベルグスパンベルグラモーの甥北尾派バーラージー・バージー・ラーオ

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android