コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大江鉱山 おおえこうざん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大江鉱山
おおえこうざん

北海道西部、後志(しりべし)総合振興局管内の仁木(にき)町にあった鉱山。ポンシカリベツ川上流の稲倉石(いなくらいし)山東麓(ろく)にある。1890年(明治23)に発見、金銀鉱床として稼業し、その後マンガン、銅、鉛、亜鉛、硫化鉄を産するようになった。1953年(昭和28)以後北進鉱業が経営していた。1984年閉山。[瀬川秀良]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の大江鉱山の言及

【仁木[町]】より

…肥沃な余市川の沖積台地を中心に米作,果樹栽培が行われ,とくにリンゴ,ブドウなどの果樹栽培では,余市町と並んで道内の生産の中心地となっている。然別(しかりべつ)駅北西約6kmにある大江鉱山は明治期からの歴史をもち,マンガンをはじめ,亜鉛,鉛,銅などを産出する。函館本線,国道5号線が南北に縦貫する。…

※「大江鉱山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大江鉱山の関連キーワード仁木[町]稲倉石鉱山硫化鉄仁木町

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android