コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仁木町 にき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

仁木〔町〕
にき

北海道西部にある町。 1964年大江村を改称して町制。余市川上・中流域にまたがる農業地域。米作と果樹栽培が行われ,メロンも産する。林業,食品製造業,木材・木製品製造業,窯業などの工業立地。西部の大江鉱山からはマンガンが産出されていたが,84年に閉山。 JR函館本線,国道5号線が町域中央を縦断する。面積 167.96km2。人口 3498(2015)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

仁木町の関連キーワード北海道余市郡仁木町然別元山国有地内北海道余市郡仁木町長沢殖民地北海道余市郡仁木町東町緑ケ丘北海道余市郡仁木町南町頂白北海道余市郡仁木町砥の川北海道余市郡仁木町尾根内北海道余市郡仁木町長沢西北海道余市郡仁木町長沢南北海道余市郡仁木町大江北海道余市郡仁木町然別北海道余市郡仁木町西町北海道余市郡仁木町銀山北海道余市郡仁木町北町北海道余市郡仁木町東町北海道余市郡仁木町南町北海道余市郡仁木町旭台仁木町民スキー場後志総合振興局仁木町の要覧マルサンアイ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

仁木町の関連情報