コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大沢清臣 おおさわ すがおみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大沢清臣 おおさわ-すがおみ

1833-1892 幕末-明治時代の国学者,神職。
天保(てんぽう)4年1月3日生まれ。伴林光平(ともばやし-みつひら)に和歌を,谷森善臣(よしおみ)に国史をまなぶ。文久年間,善臣とともに山陵調査にあたる。維新後,諸陵寮の允(じょう)をへて竜田神社,広田神社の大宮司(だいぐうじ)となり,宮内省御陵掛などをつとめた。明治25年9月15日死去。60歳。大和(奈良県)出身。通称は采女

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大沢清臣の関連キーワード国学者

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android