コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大焉広椿 だいえん こうちん

1件 の用語解説(大焉広椿の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大焉広椿 だいえん-こうちん

?-1647 江戸時代前期の僧。
曹洞(そうとう)宗。肥後(熊本県)法泉寺の大雲玄広のもとで出家,関東で修行。玄広の没後法嗣竜伯広瑞(りゅうはく-こうずい)の印可をえて法泉寺の住持となる。のち肥後大慈寺住持。正保(しょうほ)4年2月21日死去。肥後出身。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大焉広椿の関連キーワード阿部正次山之井高校授業料の無償化斎藤徳元杉山杉風ベール坂田藤十郎人民協定パトニ討論武鑑

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone