コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大田乗明 おおた じょうみょう

1件 の用語解説(大田乗明の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大田乗明 おおた-じょうみょう

1222-1283 鎌倉時代の武士。
貞応(じょうおう)元年生まれ。日蓮の初期からの信者。富木日常,曾谷教信らとともに下総(しもうさ)の有力な支持者のひとりとして日蓮をささえる。中山法華経寺2世の日高は息子といわれる。弘安(こうあん)6年4月(一説には9月)26日死去。62歳。通称は五郎左衛門尉,金吾。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の大田乗明の言及

【法華経寺】より

…一般に中山法華経寺または中山の鬼子母神とも呼ばれている。当寺は,日蓮の檀越(だんおつ)の富木常忍(ときじようにん)(日常)が出家して,邸を寺とした法華寺と,同じく日蓮の帰依者である大田乗明(じようみよう)の邸跡に建てられた本妙寺とからなり,両寺一主制がとられていたが,戦国時代に合体して法華経寺となった。大寺院としての基礎を確立したのは南北朝期の初めで,千葉胤貞流一族の保護のもとに,3代の日祐(にちゆう)(1298‐1374)が目覚ましい伝道活動を展開したことによる。…

※「大田乗明」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大田乗明の関連キーワード安嘉門院中原師連貞応阿仏尼覚信尼カラチ兼好沙石集浄智寺沙石集

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone