コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富木日常 とき にちじょう

1件 の用語解説(富木日常の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

富木日常 とき-にちじょう

1216-1299 鎌倉時代の僧。
建保(けんぽ)4年生まれ。下総(しもうさ)若宮(千葉県)の人。御家人とも,千葉氏の家臣ともいう。鎌倉で日蓮とであい信者となる。日蓮の死後,出家して自宅に法華寺(中山法華経寺)をひらき,中山門流の祖とされる。日蓮遺文の収集と保存につくし,目録「常修院本尊聖教事」を完成した。永仁(えいにん)7年3月20日死去。84歳。俗名は常忍(つねのぶ),胤継(たねつぐ)。通称は五郎。法名は別に常忍(じょうにん)。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

富木日常の関連キーワードジョンジョンジョン新古今和歌集富木常忍正安丹後局ドミニコ会発心集ジョン[欠地王]

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone