大胡麻斑蝶(読み)オオゴマダラ

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

大胡麻斑蝶 (オオゴマダラ)

学名:Idea leuconoe
動物。マダラチョウ科のチョウ

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

おお‐ごまだら おほ‥【大胡麻斑蝶】

〘名〙 マダラチョウ科の大形のチョウ。はねの開張約一三センチメートルで日本産マダラチョウの最大種。はねは白色で、翅脈(しみゃく)と縁と散在する斑紋は黒色。幼虫はキョウチクトウ科のホウライカガミを食草とする。東南アジアに広く分布し、日本では南西諸島に分布し、林間をゆるやかに飛ぶのが見られる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

翔んで埼玉

魔夜峰央(まやみねお)によるギャグマンガ、及び、それを基にした映画作品。埼玉県民が東京都民に虐げられる架空の日本を舞台に、埼玉県解放を目指す人々の愛と戦いを描く。「花とゆめ」(白泉社)の1982年冬の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android