コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大膳職 オオカシワデノツカサ

百科事典マイペディアの解説

大膳職【だいぜんしき】

宮内省所属の令制官司。和訓は〈おおかしわでのつかさ〉。大宝令によりそれまでの膳大膳職と天皇の供御(くご)を司る内膳司に分離した。職掌官人副食調味料調理・製造・供給など。
→関連項目

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

だいぜんしき【大膳職】

令制の宮内省所属の官司。和訓は〈おほかしはてのつかさ〉。職員は,大夫(長官),亮(次官),大進少進(判官),大属・少属(主典)各1人,主醬,主菓餅(品官)各2人,膳部(かしわで)(伴部)160人,雑供戸(品部)等。朝廷における恒例・臨時の職務に携わる官人等には,俸禄とは別に主食,副食,調味料が素材または調理品の形で給食されるが,主食は大炊寮が担当し,大膳職は副食,調味料の調達,製造,調理,供給を担当した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

おおかしわでのつかさ【大膳職】

だいぜんしき【大膳職】

律令制で、宮内省に属し、宮中の食膳のことをつかさどった役所。おおかしわでのつかさ。

だいぜんしょく【大膳職】

1886年(明治19)宮内省に置かれた役所。天皇の食事および饗宴などをつかさどった。 → 大膳寮

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大膳職
だいぜんしき

古代の中央官庁。宮内省(くないしょう)の管轄で、諸国の調(ちょう)の品物を出納し、宮中の官人の食事や朝廷での会食の調理を担当した。正五位(しょうごい)の大夫(だいぶ)(長官)以下役人4人、主醤(ひしおのつかさ)・主菓餅(くだもののつかさ)各2人、調理をする膳部(かしわで)160人、使部(つかいべ)30人、直丁(じきちょう)2人、駈使丁(くしちょう)80人、ほかに鵜飼(うかい)や網引(あびき)(網曳)などの雑供戸(ざつくこ)が所属した。平城宮跡の調査により、奈良時代の大膳職は第一次大極殿(だいごくでん)地区の北側と推定されている。巨大な井戸3か所とそれを囲む建物跡44棟、土坑約20、膨大な量の食器類とともに、地方からの貢進物である米・クルミや塩・海藻・ウニなどの海産物の荷札木簡が多数出土しており、これらの食料がここで調理されたことがわかる。また小豆・醤(ひしお)・酢・「未醤(みそ)」等を請求した文書木簡もある。[岩本次郎]
『奈良文化財研究所編・刊『平城宮発掘調査報告』(1962・1966) ▽直木孝次郎著「平城宮跡出土の木簡と大膳職」(『奈良時代史の諸問題』所収・1968・塙書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の大膳職の言及

【大膳職】より

…職員は,大夫(長官),亮(次官),大進・少進(判官),大属・少属(主典)各1人,主醬,主菓餅(品官)各2人,膳部(かしわで)(伴部)160人,雑供戸(品部)等。朝廷における恒例・臨時の職務に携わる官人等には,俸禄とは別に主食,副食,調味料が素材または調理品の形で給食されるが,主食は大炊寮が担当し,大膳職は副食,調味料の調達,製造,調理,供給を担当した。ただし,《延喜式》の段階では,神仏寺料等,節会料等の供給のほかは親王以下采女等までの内廷関係への月料支給に職掌が狭められている。…

【平城宮】より

…このほか,この地域を中宮とする説もある。
[官衙区域]
 平城宮内で見つかった官衙区域のうち名称が推定できたものは,馬寮(めりよう),大膳職(だいぜんしき),陰陽寮(おんみようりよう),式部省,兵部省,民部省,造酒司(さけのつかさ)等であり,その遺跡を直接確認したものは馬寮,大膳職,陰陽寮,造酒司である。馬寮は平城宮西辺にあって,長い細殿的な建物からなり,その細殿にかこまれて広い空間がある。…

※「大膳職」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大膳職の関連キーワード天皇の料理番みそ(味噌)皇居のかほりボーマルシェ膳司・膳職矢田部氏永精進供御人小西隆佐大膳大夫養老律令大宝律令光禄寺鵜飼部ひしお平城宮網引き大膳寮主膳光禄納豆

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大膳職の関連情報