コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御禊 ゴケイ

大辞林 第三版の解説

ごけい【御禊】

中古以降、即位後の大嘗祭だいじようさいの前月(10月下旬)に、天皇が賀茂川などに臨んで行なったみそぎ。江戸時代には御所で行われた。
斎宮・斎院などが賀茂川の河原で行なったみそぎ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

御禊
ごけい

大嘗会(だいじょうえ)、賀茂(かも)臨時祭、石清水(いわしみず)臨時祭などの前に天皇が行う祓禊(ばっけい)の儀式。大嘗会の御禊は10月下旬にいずれかの河原に臨幸して行われた。その地はあらかじめ卜定(ぼくじょう)されるのであるが、平安時代以降は鴨川(かもがわ)で行うことがもっとも多かった。行幸には文武百官や供奉(ぐぶ)の女官が騎馬、車を連ねて従い、庶人に至るまでそのようすを見物してにぎわったが、東山(ひがしやま)天皇(在位1687~1709)以後河原への行幸は廃され、賀茂臨時祭以下と同じく、清涼殿の儀のみとなった。また、伊勢(いせ)斎宮、賀茂斎院が河原に出て行う禊(みそぎ)も御禊と称したが、前者では、宮中の一画に設けた初斎院(しょさいいん)および野宮(ののみや)に入る際に鴨川、伊勢(いせ)に下る際に葛野(かどの)川を、また後者の斎院が賀茂に入る際には鴨川を、多く御禊の場所として用いた。[杉本一樹]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

御禊の関連キーワード大嘗祭(だいじょうさい)夏越しの祓・名越しの祓斎宮(伊勢神宮)飾り車・餝り車夏越しの節供三箇の重事源氏物語飾り太刀平野神社恭子女王七瀬の祓豊の御禊御前勅使平親宗節の旗京極院大嘗祭装束司飾太刀やなど