コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御禊 ゴケイ

3件 の用語解説(御禊の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ご‐けい【御×禊】

天皇の即位後、大嘗会(だいじょうえ)の前月に賀茂川の河原などで行うみそぎの儀式。江戸時代は御所内で行われた。
斎宮斎院などが祭りの前や卜定(ぼくじょう)のあとに、賀茂川で行うみそぎ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ごけい【御禊】

中古以降、即位後の大嘗祭だいじようさいの前月(10月下旬)に、天皇が賀茂川などに臨んで行なったみそぎ。江戸時代には御所で行われた。
斎宮・斎院などが賀茂川の河原で行なったみそぎ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

御禊
ごけい

大嘗会(だいじょうえ)、賀茂(かも)臨時祭、石清水(いわしみず)臨時祭などの前に天皇が行う祓禊(ばっけい)の儀式。大嘗会の御禊は10月下旬にいずれかの河原に臨幸して行われた。その地はあらかじめ卜定(ぼくじょう)されるのであるが、平安時代以降は鴨川(かもがわ)で行うことがもっとも多かった。行幸には文武百官や供奉(ぐぶ)の女官が騎馬、車を連ねて従い、庶人に至るまでそのようすを見物してにぎわったが、東山(ひがしやま)天皇(在位1687~1709)以後河原への行幸は廃され、賀茂臨時祭以下と同じく、清涼殿の儀のみとなった。また、伊勢(いせ)斎宮、賀茂斎院が河原に出て行う禊(みそぎ)も御禊と称したが、前者では、宮中の一画に設けた初斎院(しょさいいん)および野宮(ののみや)に入る際に鴨川、伊勢(いせ)に下る際に葛野(かどの)川を、また後者の斎院が賀茂に入る際には鴨川を、多く御禊の場所として用いた。[杉本一樹]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

御禊の関連キーワード中央中里中田中野中山町中根中台中尾中央町中町

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

御禊の関連情報