コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大蔵卿局 おおくらきょうのつぼね

2件 の用語解説(大蔵卿局の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大蔵卿局 おおくらきょうのつぼね

?-1615 織豊-江戸時代前期,淀殿(よどどの)の乳母。
大野治長の母。慶長19年京都方広寺鐘銘事件で,淀殿の使いとして,豊臣秀頼の陳謝使片桐且元(かつもと)に同行。駿府(すんぷ)の徳川家康に面会し和解をもとめたが,和解はならず大坂の陣がおきる。慶長20年5月8日大坂城落城に際し自刃(じじん)した。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

大蔵卿局

没年:元和1(1615)
生年:生年不詳
安土桃山から江戸初期,淀殿(豊臣秀吉の側室)の乳母。大野治長の母。淀殿の側近として重きをなし,秀吉没後大坂城を出た孝蔵主に代わり奥を取りまとめ,豊臣家存続のため,子の治長と共に奔走した。秀吉の冥福を祈願した方広寺大仏殿の鐘銘が徳川家康から不吉であると追及されたとき(方広寺鐘銘事件)には,片桐且元と共に陳謝のため駿府に赴いている。強硬派の局はかえって家康から優遇されたが,且元は厳しい処遇を受け,家康から人質と転封を要求されたと報告。局はこれを且元の策謀と非難したので,淀殿の怒りを買った且元は摂津茨木に退いた。その後も局は徳川方との交渉の中心となったが,大坂落城に際し淀殿に殉じた。<参考文献>桑田忠親『女性の名書簡』

(西村圭子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大蔵卿局の関連キーワード片桐貞隆柘植与一山岡如軒黒田如水十人組織豊時代亀井玆矩お鍋の方加賀殿金春安照

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大蔵卿局の関連情報