コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大蚊 ガガンボ

デジタル大辞泉の解説

ががんぼ【大蚊】

《「蚊ヶ母(かがんぼ)」の意から転じた語》双翅(そうし)目ガガンボ科の昆虫の総称。に似るが大形で、脚が長い。翅(はね)の開張が8センチもあるミカドガガンボ、幼虫が稲の根などを食べるキリウジガガンボなど、種類は非常に多い。かのうば。かのおば。かとんぼ。 夏》「障子打つ―にさへ旅心/虚子

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ががんぼ【大蚊】

ハエ目ガガンボ科の昆虫の総称。蚊を大きくしたような形で、体は細長く、黄褐色・黒褐色など。はねは細長く透明。吸血はしない。脚が著しく細長く、もつとすぐもげる。日本にはイネの害虫キリウジガガンボ、美しいベッコウガガンボなど多くの種がいる。カノウバ。カノオバ。カガンボ。カトンボ。 [季] 夏。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

大蚊の関連キーワードカトンボカノオバ黄褐色黒褐色動物旅心

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android