大谷 光明(読み)オオタニ コウミョウ

20世紀日本人名事典の解説

明治〜昭和期の僧侶,アマゴルファー 元・真宗本願寺派(西本願寺)管長事務代理。



生年
明治18(1885)年4月26日

没年
昭和36(1961)年4月3日

出生地
京都府京都市下京区堀川通花屋町下ル本願寺門前町

別名
法号=浄如

学歴〔年〕
文学寮卒

経歴
真宗大谷派(西本願寺)第21世法主・光尊(明如)の三男。明治32年に法主の後継者となったが、大正3年引退。この間、明治40年欧米に遊学語学とゴルフを身につけ、大正14年再び欧米を回り社会事業を視察。帰国後真宗保摂会会長、浄土真宗本願寺派審判院長、日本教学研究所長を歴任。明治39〜42年と昭和14〜16年本願寺派管長事務代理を務めた。一方、大正3年東京ゴルフクラブ会員となり、日本ゴルフ協会を創立、ルールブックの翻訳やトーナメントの競技委員長などを務めた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android