コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大谷光尊 おおたに こうそん

3件 の用語解説(大谷光尊の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

大谷光尊

浄土真宗の僧。西本願寺二十一世。明如上人。京都生。広如上人の子、光瑞・尊由・九条武子の父。幼名は峨。明治政府の教務省の大教正となったが、神道優先の大教院から真宗各派と共に分離、宗教・寺法・財政の改革に着手した。島地黙雷赤松連城らを海外に派遣し、その補佐を受けて、本願寺教団の近代的発展の基礎を築いた。明治36年(1903)寂、53才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大谷光尊 おおたに-こうそん

1850-1903 幕末-明治時代の僧。
嘉永(かえい)3年2月4日生まれ。大谷光沢の5男。明治4年浄土真宗本願寺派21世となる。翌年島地黙雷(もくらい)らを海外に派遣。教部省の大教正となり,島地の提案で8年神道優先の大教院から真宗を分離。教団の宗制,教育制度などの改革につくした。明治36年1月18日死去。54歳。京都出身。法名は明如。字(あざな)は子馨。号は六華,楳窓。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大谷光尊
おおたにこうそん
(1850―1903)

真宗本願寺派本願寺第21世宗主。法名は明如(みょうにょ)。信知院と号する。1868年(明治1)法嗣となり、父の広如(こうにょ)(大谷光沢(こうたく))を補佐、1871年に住持を継職した。明治初期の排仏運動に抗するとともに、島地黙雷(しまじもくらい)、赤松連城(あかまつれんじょう)をヨーロッパに派遣し、宗門の近代化に努めた。とくに、大教院の神道からの分離を推進するにあたってはその中心となって活動した。また宗内においては、宗制寺法の制定、学制改革のほか、北海道、鹿児島、沖縄などへの布教を行い、財政改革を進めた。しかし、北畠道龍(きたばたけどうりゅう)を用いての光尊の急進的な宗門改革運動は、宗内外の批判によって挫折(ざせつ)した。その間の事情は、門下の三島了忠(りょうちゅう)著『明如上人(しょうにん)血涙記』によって知られる。[北西 弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大谷光尊の関連情報