コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大谷光瑞 おおたに こうずい

8件 の用語解説(大谷光瑞の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

大谷光瑞

浄土真宗の僧。西本願寺二十二世。二十一世光尊(明如上人)の子。法号は鏡如。学習院大卒。インドヨーロッパ諸国を外遊し、また三回にわたる大谷探検隊の派遣により、中国・シルクロードから貴重な仏教資料をもたらす。引退後は機関誌『大乗』を刊行、仏教の立場から国家主義的思想を以て政治・経済・社会を論じた。昭和23年(1948)寂、73才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

おおたに‐こうずい〔おほたにクワウズイ〕【大谷光瑞】

[1876~1948]浄土真宗本願寺派の第22世宗主。京都の生まれ。法名、鏡如。明治36年(1903)以来、3回にわたり中央アジア発掘調査を行い、第二次大戦中は内閣参議・内閣顧問を歴任。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

大谷光瑞【おおたにこうずい】

浄土真宗本願寺派22代宗主。法名は鏡如(きょうにょ)。1903年宗主となり,宗務,教勢の拡張に活躍。本多恵隆(えりゅう)ら4名を連れ,欧州からパミールにはいり,ホータン,クチャを探検(1902年―1904年)。
→関連項目敦煌莫高窟楼蘭

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大谷光瑞 おおたに-こうずい

1876-1948 明治-昭和時代の僧,探検家。
明治9年12月27日生まれ。大谷光尊の長男。妻は貞明皇后の姉九条籌子(かずこ)。明治35年大谷探検隊を組織して,西域,インドを調査。36年浄土真宗本願寺派22世となる。大正3年財政破綻(はたん)と疑獄事件で辞任。以後,中国などで農園を経営,大アジア主義を主張した。昭和23年10月5日死去。73歳。京都出身。学習院中退。法名は鏡如。
【格言など】食を精ならしめんと欲せば,先ず材料を撰(えら)ばざるべからず(「食」)

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おおたにこうずい【大谷光瑞】

1876‐1948(明治9‐昭和23)
明治後期から大正にかけての浄土真宗本願寺派の第22世宗主。21世光尊の長男として誕生。法名は鏡如。貞明皇后の姉九条籌子と結婚。1903年西域探検のためインドに滞在中に父が死去して継職。継職後も探検を続行させ,3回にわたる発掘調査等を実施した(大谷探検隊)。神戸六甲山上に二楽荘を建て,探検収集品の整理のほか,英才教育の学校,園芸試験場測候所,印刷所などを設置。宗主としては教団の近代化につとめ,日露戦争には多数の従軍布教使を派遣。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

おおたにこうずい【大谷光瑞】

1876~1948) 宗教家・探検家。浄土真宗本願寺派第二二世法主。法号、鏡如。九条武子の兄。インド・中央アジアを探検、また中国・南洋などで事業を経営、海外進出を論じた。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大谷光瑞
おおたにこうずい

[生]1876.12.27. 京都
[没]1948.10.5. 別府
浄土真宗の僧。探検家。浄土真宗本願寺派第 21世法主大谷光尊の子として生れた。 1903年同派法主となる。 02年から 14年にいたる 13年間に3回にわたって中央アジア探検隊を派遣し多くの成果をあげた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大谷光瑞
おおたにこうずい
(1876―1948)

真宗本願寺派本願寺第22世宗主。法名は鏡如(きょうにょ)。信英院と号する。父は明如(みょうにょ)(大谷光尊(こうそん))。学習院を卒業後、ヨーロッパに留学。1902年(明治35)帰国の途次、西域(せいいき)の探検を行い、インド、中央アジア、チベットなどの貴重な資料を持ち帰った。翌年には父の死に伴い西本願寺住持を継職。同時に本願寺派管長となったが、1914年(大正3)財団疑獄事件のため職を辞し、中国、南洋、トルコで事業を経営した。著作は多く、『大谷光瑞全集』(1934~1935)に収められている。[北西 弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の大谷光瑞の言及

【大谷探検隊】より

…西本願寺の法主大谷光瑞が主宰した日本唯一の中央アジア探検隊。第1次は1902‐04年,大谷光瑞,本多恵隆,井上弘円,渡辺哲信,堀賢雄,第2次は08‐09年,野村栄三郎,橘瑞超,第3次は10‐14年,橘瑞超,吉川小一郎によって行われ,仏教東漸の遺跡として,ホータン,クチャ,敦煌など中央アジア各地を調査した。…

※「大谷光瑞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大谷光瑞の関連情報