コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浄如 じょうにょ

1件 の用語解説(浄如の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浄如 じょうにょ

1236-1311 鎌倉時代の僧。
嘉禎(かてい)2年12月2日生まれ。真宗山元派。親鸞(しんらん)の子善鸞(ぜんらん)の長男とも,善鸞の子如信の3男ともいわれる。陸奥(むつ)白河(福島県)に願入寺を創建し,のち越前(えちぜん)(福井県)山本荘に一寺を創建し証誠(しょうじょう)寺の勅額をうけたとつたえる。応長元年9月5日死去。76歳。文永2年(1265)生まれ,暦応(りゃくおう)3=興国元年(1340)8月14日死去とする説がある。法名は円芸。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

浄如の関連キーワード日弁北条師時応長長保寺認知機能検査高隈山地東福寺抜都モンセラート陸秀夫

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone