コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大谷別院 オオタニベツイン

3件 の用語解説(大谷別院の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おおたに‐べついん〔おほたにベツヰン〕【大谷別院】

大谷祖廟の別称。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

おおたにべついん【大谷別院】

京都市東山区にあり,真宗大谷派に属する。現在,大谷祖廟と呼ばれ,東大谷とも称される。1602年(慶長7)東本願寺の開創にあたり教如が,親鸞の廟所を敷地の西南隅に築いたことからはじまる。53年(承応2)琢如はこれを,青蓮院の旧領であった現在地に移し,1703年(元禄16),真如が再建した。大谷祖廟には,親鸞をはじめ本願寺歴代の遺骨がおさめられ,現在は一般門徒の納骨も行われている。1876年別格別院となり今日におよんでいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

おおたにべついん【大谷別院】

京都市東山区円山町にある大谷派東本願寺の祖廟そびよう。本願寺が東西に分裂したのち本山の東北隅に造立、1653年現在地に移った。西本願寺の大谷本廟とともに真宗の根本霊場。俗称、東大谷。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大谷別院の関連キーワード多田鼎住田智見大谷派祇園社山科別院大谷祖廟養源院稲葉道意斎藤唯信安田力

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone