大谷別院(読み)オオタニベツイン

世界大百科事典 第2版の解説

おおたにべついん【大谷別院】

京都市東山区にあり,真宗大谷派に属する。現在,大谷祖廟と呼ばれ,東大谷とも称される。1602年(慶長7)東本願寺の開創にあたり教如が,親鸞廟所を敷地の西南隅に築いたことからはじまる。53年(承応2)琢如はこれを,青蓮院旧領であった現在地に移し,1703年(元禄16),真如が再建した。大谷祖廟には,親鸞をはじめ本願寺歴代の遺骨がおさめられ,現在は一般門徒の納骨も行われている。1876年別格別院となり今日におよんでいる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

おおたにべついん【大谷別院】

京都市東山区円山町にある大谷派東本願寺の祖廟そびよう。本願寺が東西に分裂したのち本山の東北隅に造立、1653年現在地に移った。西本願寺の大谷本廟とともに真宗の根本霊場。俗称、東大谷。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大谷別院の関連情報