コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

納骨 ノウコツ

デジタル大辞泉の解説

のう‐こつ〔ナフ‐〕【納骨】

[名](スル)死体を火葬にしたのち、遺骨を骨壺におさめること。また、遺骨を墓や納骨堂などにおさめること。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

葬儀辞典の解説

納骨

火葬後の遺骨を納骨堂や墓に納めること。そのとき、火葬許可証に火葬済みの証印を受けて、埋葬許可証となったものを納骨するところの管理者に提出します。

出典|葬儀ベストネット葬儀辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

のうこつ【納骨】

死者の遺骨を霊場に納めて,その魂の成仏鎮魂を祈ること。7世紀末から8世紀初頭に,仏教葬である火葬の採用からはじまった。弥生時代中期の東日本には,洗骨後,骨を壺に入れて土壙に葬る再葬墓がみられるが,一次的,地域的なもので,日本に本来死体崇拝や遺骨崇拝はなかったから,納骨の風は仏教の影響とすることができる。その初期においては特定の霊場に納めたのではなく,なにかゆかりのある山に納めたもので,最古の納骨器は京都市西京区大枝塚原町山林から出た慶雲2年(705)の墓誌銅版を伴う青銅製蓋付桶型蔵骨器である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

のうこつ【納骨】

( 名 ) スル
死者を火葬にして、遺骨を壺つぼなどに納めること。また、その壺を墓や納骨堂などに納めること。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

納骨の関連情報