コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大谷喜久蔵 おおたに きくぞう

2件 の用語解説(大谷喜久蔵の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大谷喜久蔵 おおたに-きくぞう

1856*-1923 明治-大正時代の軍人。
安政2年12月28日生まれ。明治30年近衛師団参謀長。ついで教育総監部本部長,戸山学校長などをつとめ,日露戦争では第二軍兵站(へいたん)監で出征。第五師団長などをへて浦塩(ウラジオストク)派遣軍司令官,教育総監となる。陸軍大将。大正12年11月26日死去。69歳。越前(えちぜん)(福井県)出身。陸軍士官学校卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

大谷喜久蔵

没年:大正12.11.26(1923)
生年:安政2.12.28(1856.2.4)
明治大正期の陸軍軍人。敦賀藩(福井県)藩士大谷正徳の7男。明治11(1878)年陸軍士官学校卒業。近衛師団参謀長などを経て,同31年新設の教育総監部へ初代本部長として就任。さらに陸軍戸山学校校長に進み,多くの優秀な士官を養成した。日露戦争(1904~05)には第3軍兵站監として出征,困難な旅順攻略戦における補給輸送線を懸命に維持した。第1次大戦中には青島守備軍司令官,またシベリア出兵中には浦塩派遣軍司令官と常に重要な局面に起用され,任務を堅実に遂行した。大正4(1915)年大将へ昇進。8年教育総監。翌年予備役へ編入され,同時に男爵。

(山崎有恒)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

大谷喜久蔵の関連キーワード奥健蔵キネマ旬報日活(株)結城寅寿ミシン井口在屋大谷喜久蔵佐立七次郎井口在屋井口在屋

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone